Loading…

Blogブログ

Blogブログ

2022.08.17昆虫食 | 地球温暖化 | 生ごみ問題

久しぶりにブログを書こうと思います。
最近はもう一つの仕事である造園・土木に時間をとられなかなか更新が行えませんでした。

先日コオロギのローストが完成し、改めて昆虫食の大切さや必要性を痛感しブログに至りました。


全ては地球温暖化
これに関わる問題は様々あります。

人がどのような形で問題に取り組むかは自由であり、まずは問題を無視せず向き合う事が必要であります。

温暖化は日に日に増しており、今年も異常な暑さが続いております。
暑さが続くことで電気消費量は増える一方です。

悪循環である事は言うまでもありません。

しかしながら
私自身もエアコンに頼らざるを得ない日々は続いております。

そんな私ですが、せめてもの罪滅ぼしでゴミの分別をしております。

一般的なゴミの分別はもちろん、燃えるゴミとして分類される生ゴミは出さないように努力しております。

まず基本的な事ですが、
野菜、魚、肉、食べれるところは全部調理して使い、出来るだけ生ゴミを出さない努力が必要です。

それから
どうしても出てしまった生ゴミは、出来るだけ水分を失くしてからコンポストに入れます。

コンポストとは、
土の中にいる微生物やミミズの力を借りて生ゴミを分解して土に還す仕組みの事です。
この土はいずれガーデニングなどでも使えたり、ガーデニングに興味が無い人はそのまま使い続けてもよいかと思います。

私が使うコンポストは、自家製ですが、適当な箱(木orプラ)に液肥水路を作ってあげて、中に園芸用の土を箱の半分から7分目くらい入れてだいたいは完成です。
土に潜む微生物やダニなどの力を借りて分解してもらう方法です。

コンポストを始めて約3年くらいになりますが、我が家の生ごみは全てこのコンポストが消化してくれてます。

----------------

【コンポストと地球温暖化の関係性】

どこの地域でも生ゴミというのは"燃えるゴミ"に分別されているかと思います。

生ゴミというのはそのほとんどが80%〜90%水分を保有していると言われています。

燃えるゴミはゴミ処理場でその名の通り燃やされるわけですが、80%〜90%も水分を含んでいる生ゴミは燃えにくいわけです。
火の中に水を入れてるわけですから火力が弱くなります。
そこで再び火力を強める為にエネルギーを使います。
火力発電や水力発電や風力発電などでエネルギーを作り出し焼却炉内の温度を上げていきます。

現在日本では原子力発電所の停止が相次ぎ、エネルギー源は安定的な火力発電が最も多く使用されています。
しかし火力発電とは化石燃料を燃やして電力を生み出す方法で、風力や水力と違い温室効果ガスを生み出し、地球温暖化に多大な影響を及ぼしています。

燃えるゴミの平均比率は、全体の約4割が生ゴミであります。
約半分ものゴミが燃えにくくして無駄なエネルギーを消費しているわけです。
はじめから燃えやすいゴミだけならもっと地球に優しくなれるわけです。

そこで燃えるゴミから生ゴミを無くせば効率よく燃やす事が出来るよねって事で考えられたのがコンポストというわけです。


--------------------------


生ゴミを入れたからといって中の容量が増えていくわけでもなく、一年使ったとしても中の容量は始めた時とほぼ変わりありません。

匂いも出ませんし、手間は少しかかりますが、穴を掘って生ゴミを入れるだけ。
これだけです。

虫やゴキブリが湧くんじゃないの?
と思う方も。
私も初めは思いましたが、今のところ1匹も目にした事はありません。

やり方さえ間違えず、正しく管理すれば害虫も湧きませんし、匂いも出ませんし、地球にも少し優しくなれます。

毎日の暮らしで少し地球に貢献してみてはいかがでしょうか?
やってみたいけどやり方がわからない人がいれば相談に乗りますのでお気軽にお問合せ下さい。

インスタからでもTwitterからでもLINE@からでも何でも構いません。

地球が笑顔になるように一人一人が出来る事を頑張りましょう。
約100年後平均気温が4℃上昇すると言われています。
当たり前のように真夏には40度を超える日が続くでしょう。
そうなれば人間の活動は著しく制限されます。
物流は止まり、コミニュティは無くなり、経済もストップ、南極の氷は溶けて永久凍土から新しいウイルスが発見され人間に感染することも。

他人事ではありません。
私達はその時には死んでいても、自分の子供や孫はその時代を生きなければいけません。
そんな残酷な置き土産はあってはいけないと思います。



CONTACTお問い合わせ

SAKOH LINE@ 『@923tzifg』

SAKOH LINE@ 『@923tzifg』

お問い合わせ・ご注文は『SAKOH LINE@』からでも承っております。 LINEの友達登録ID『@923tzifg』で検索してください!

06-6260-1726

※日中は電話に出る事が非常に難しい為、
まずはLINEからお問合せをお願い致します。

営業時間 10:00〜16:00
受付時間 9:00〜19:00
定休日 年中無休(GW、お盆、正月は除く)

お問い合わせフォーム